公約(読み)コウヤク

デジタル大辞泉 「公約」の意味・読み・例文・類語

こう‐やく【公約】

[名](スル)公開の場で、また公衆に対して約束すること。特に、選挙のときに政党や立候補者などが、公衆に対して政策などの実行を約束すること。また、その約束。「減税公約する」
[類語]協定条約約束取り決め申し合わせやく約定契約協約結約盟約誓約確約保証保障口約誓う宣誓血盟特約内約黙契黙約折り紙つき起請

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「公約」の意味・読み・例文・類語

こう‐やく【公約】

  1. 〘 名詞 〙
  2. おおやけに約束すること。公開の席や公衆に対して約束すること。また、その約束。特に、選挙で政党または候補者が有権者に約束する政策をいう。
    1. [初出の実例]「私は党の公認候補であります。だから私のする約束だけが党の公約であって」(出典:ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉演説をタノシむ)
  3. 法律で公法上の契約をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「公約」の意味・わかりやすい解説

公約
こうやく

選挙公職を争うとき,政党や候補者が,当選後実現すべき政策について有権者に向けて表明する約束。当選者選挙公約に拘束され,実現の努力を行うことは責任政治の重要な構成要素である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android