コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税金 ゼイキン

4件 の用語解説(税金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜい‐きん【税金】

国または地方公共団体租税として納付する金銭。「税金がかかる」「税金を納める」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

株式公開用語辞典の解説

税金

国や地方公共団体が活動を行うための費用を、国民が負担するもの。税金には、さまざまな種別があるが、それぞれ、法律によって定められている。国に対して納める国税と地方公共団体に納める地方税がある。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
株式公開用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぜいきん【税金】

租税として、国家や地方自治体が徴収する金。税。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の税金の言及

【租税】より

…現代国家の政府収入は,大別すれば次の六つの源泉をもっている。(1)租税収入,(2)借入収入,(3)紙幣創造による収入,(4)財・用役の販売収入,(5)政府間の借款による収入,(6)その他(罰金等)。これらの収入源は,すべて同一のウェイトをもつものではない。近代国家はその本質上,〈租税国家〉であるといわれているように,資本主義国家の主要な収入源は,おしなべて租税である。
【定義と特性】
 租税とは,国家または地方公共体が一般経費の財源調達のために,個別的な反対給付なくして,民間経済から強制的に徴収する貨幣または財・用役をいう。…

※「税金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

税金の関連情報