税金(読み)ゼイキン

大辞林 第三版の解説

ぜいきん【税金】

租税として、国家や地方自治体が徴収する金。税。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜい‐きん【税金】

〘名〙
国家または地方公共団体に、租税として納める金銭。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「既に此税金を収れば之を用ひて事務を行ふものは即ち衆庶の代人なり」
② (比喩的に) 相手にとって迷惑な事がらをつぐなう意味での金銭の支払い。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉二夫婦「『それをまた、ぢゃ、お先に、てんで、帰って来ちまうのはいい気なもんだね』『なアに、その代りちょくちょく税金を納めさせられてらアね。遠慮しちゃア損だ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の税金の言及

【租税】より

…現代国家の政府収入は,大別すれば次の六つの源泉をもっている。(1)租税収入,(2)借入収入,(3)紙幣創造による収入,(4)財・用役の販売収入,(5)政府間の借款による収入,(6)その他(罰金等)。これらの収入源は,すべて同一のウェイトをもつものではない。近代国家はその本質上,〈租税国家〉であるといわれているように,資本主義国家の主要な収入源は,おしなべて租税である。
【定義と特性】
 租税とは,国家または地方公共体が一般経費の財源調達のために,個別的な反対給付なくして,民間経済から強制的に徴収する貨幣または財・用役をいう。…

※「税金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

税金の関連情報