びら

大辞林 第三版の解説

びら

宣伝広告のために、人に配ったり、はり出したりする紙片。ちらし。 「宣伝-」 「 -をまく」 〔「ひら(片・枚)」の転、擬態語「びらびら」から、などの説がある。近世、演芸の宣伝に用いたのが初めという。大正期に英語 bill の影響で外来語意識が生まれた。現在は多く「ビラ」と書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

びらの関連情報