びら

大辞林 第三版の解説

びら

宣伝広告のために、人に配ったり、はり出したりする紙片。ちらし。 「宣伝-」 「 -をまく」 〔「ひら(片・枚)」の転、擬態語「びらびら」から、などの説がある。近世、演芸の宣伝に用いたのが初めという。大正期に英語 bill の影響で外来語意識が生まれた。現在は多く「ビラ」と書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

びらの関連情報