ローズマリーの赤ちゃん

デジタル大辞泉プラスの解説

米国の作家アイラ・レヴィンのホラー長編小説(1967)。原題《Rosemary's Baby》。1968年ロマン・ポランスキー監督で映画化。
1968年製作のアメリカ映画。原題《Rosemary's Baby》。アイラ・レヴィンの同名小説の映画化。監督:ロマン・ポランスキー、出演:ミア・ファロー、ジョン・カサベテスルースゴードンほか。第41回米国アカデミー賞助演女優賞受賞(ルース・ゴードン)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android