コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローズマリーの赤ちゃん

デジタル大辞泉プラスの解説

ローズマリーの赤ちゃん

米国の作家アイラ・レヴィンのホラー長編小説(1967)。原題《Rosemary's Baby》。1968年ロマン・ポランスキー監督で映画化。

ローズマリーの赤ちゃん

1968年製作のアメリカ映画。原題《Rosemary's Baby》。アイラ・レヴィンの同名小説の映画化。監督:ロマン・ポランスキー、出演:ミア・ファロー、ジョン・カサベテス、ルース・ゴードンほか。第41回米国アカデミー賞助演女優賞受賞(ルース・ゴードン)。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

ローズマリーの赤ちゃんの関連キーワードチャールズ グローディンロマン ポランスキーR. ポランスキーローズマリーの息子ロバート エバンズジョン カサベテスルース ゴードンミア ファローアイラ レビンドナ ミルズモダンホラーオカルト映画恐怖映画エバンズ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android