ワイルブルク岩(読み)ワイルブルクがん(英語表記)weilburgite

岩石学辞典の解説

ワイルブルク岩

ケラトファイア─スピライトとして記載された岩石で,アルカリ・ドレライトの種である.主としてアルカリ長石と緑泥石からなり,一般に炭酸塩鉱物に富んでいる[Lehmann : 1949].ドイツ,ラーン(Lahn)地方のワイルブルク(Weilburg)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android