ワイルブルク岩(読み)ワイルブルクがん(英語表記)weilburgite

岩石学辞典の解説

ワイルブルク岩

ケラトファイア─スピライトとして記載された岩石で,アルカリ・ドレライトの種である.主としてアルカリ長石と緑泥石からなり,一般に炭酸塩鉱物に富んでいる[Lehmann : 1949].ドイツ,ラーン(Lahn)地方のワイルブルク(Weilburg)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android