コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭酸塩鉱物 たんさんえんこうぶつcarbonate mineral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭酸塩鉱物
たんさんえんこうぶつ
carbonate mineral

炭酸イオン基 CO32- を含む金属塩鉱物の総称。無水のものと含水のものがある。無水炭酸塩鉱物は MCO3 型 (Mは金属イオン) と,AB(CO3)2 型 (A,Bは金属イオン) の2つに区分される。3型のものはさらに結晶構造上大きく2つの同形鉱物群,方解石群 (三方晶系) と霰石 (あられいし) 群 (斜方晶系) に分けられる。前者には方解石,菱苦土石菱鉄鉱菱マンガン鉱など,後者には霰石,ストロンチアン石などが属する。 AB(CO3)2 型の代表はドロマイト (苦灰石) である。含水炭酸塩鉱物には,ソーダ石 (ナトロン) ,ゲイ=リュサック石 (ゲイルサイト) ,孔雀石,藍銅鉱などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

炭酸塩鉱物【たんさんえんこうぶつ】

炭酸塩を主たる成分とする鉱物。天然産のものは六方晶系の方解石構造(方解石,リョウ苦土鉱,リョウ亜鉛鉱など),斜方晶系のアラゴナイト構造(アラレ石,毒重石,白鉛鉱など),鎖状・層状構造(クジャク石,ラン銅鉱,天然ソーダなど)をもつものなどに大別される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんさんえんこうぶつ【炭酸塩鉱物 carbonate】

炭酸陰イオン(CO3)2-と陽イオンとの結合によってできている鉱物。結晶構造中(CO3)2-が独立に存在するものが大部分を占めているが,なかでも方解石構造をとるもの,およびアラゴナイト構造をとるものが主である。また(CO3)2-以外のOH,Cl,Fなどの陰イオンを含むものにクジャク石,ラン銅鉱などがあり,さらに少数例であるが,CO3と水素結合してできた(HCO3)の鎖状構造をなすもの(ドウソン石など)や(CO3)2-とUO2が連結して層状構造をなすもの(ラザフォード石など)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

炭酸塩鉱物の関連キーワードカーボノマグマタイトシュードシリカ炭酸塩シンターストロマタクティスカーブアンケライトクジャク(孔雀)石トプフシュタインウースパルダイトグリナライト鉄岩ヴェルドライトワイルブルク岩カーボナタイト粘土質炭酸鉄鉱ムーンミルクアンモライト炭酸塩化作用マルモライトマンガン鉱物変朽安山岩相バストネス石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android