コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッケ wacke

岩石学辞典の解説

ワッケ

もとは古いドイツ語で川底の礫のことを呼んだ語であるが,ポットが1753年に一般的な石として用いた[Pott : 1783].ハルツ地方では鉱床を含まないすべての岩石wackeと呼んでいるが,最も普通には,ハルツ山脈の上部デボン紀から下部石炭紀のクルム層(Culm strata)の暗い色の頁岩層を呼んでいる.近年はこの語は10%以上粘土質のマトリクスを含む砂岩の記載に用いられている[Pettijohn, et al. : 1972].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内のワッケの言及

【砂岩】より

…野外での呼称として定性的に使用している場合には,実際より細粒に判定していることがある。鉱物組成による分類では,膠結分(泥質基質)が15~75%までをワッケwacke(75%以上は泥岩),15%以下をアレナイトareniteに分け,さらに石英,長石,岩片の量比によって細分する。アルコースarkoseとは長石,石英を多量に含むアレナイトで,花コウ岩や片麻岩地帯から運ばれてできた砂岩をいう。…

※「ワッケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワッケの関連キーワード石質サブアルコース質ワッケハイランク・グレイワッケ石質アルコース質ワッケワッケンローダー溶液ドレライト長石質グレイワッケグレイワッケ片岩サブグレイワッケバリスカン造山帯石質グレイワッケ長石質リスワッケ石英メンゲワッケサブリスワッケプロラプス層理フリッシュ砂岩イマンドライトレッドストーンクラスモシストスレート硬砂岩ヴェイカイト

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android