コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッシュアウト wash- out 

1件 の用語解説(ワッシュアウトの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

ワッシュアウト

捻り下げ。翼の両翼端を翼端にいくにしたがい捻るように迎え角を小さくすること。尾翼の無いパラグライダーが安定飛行するうえで、翼端が失速する事は好ましくない。例えば、直線飛行において、迎え角を上げスピードを下げていった場合、左右どちらかの翼端が失速すると、失速した側に大きく機首を傾けようとする。ワッシュアウトを付けた状態で、同じようにスピードを下げていくと失速は翼の中央から起こり、機首を下げるモーメントが働く。つまり、フロントダイブとなり、これが機体のスピードをとりもどす力となり、再度滑空状態に戻る事となる。ワッシュアウトは旋回運動にも効果を発揮する。旋回時、翼の中心付近よりも旋回半径が小さくなる内側の翼端はストールに入り易い状態にあるが、ワッシュアウトをつける事でそれを防止している。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワッシュアウトの関連キーワード切下げ後退翼迫り下げ剃り下げ翼端ウイングレット掘下げ翼端渦捻り下げ翼端潰し(折り)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone