コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッシュアウト wash- out 

パラグライダー用語辞典の解説

ワッシュアウト

捻り下げ。翼の両翼端を翼端にいくにしたがい捻るように迎え角を小さくすること。尾翼の無いパラグライダーが安定飛行するうえで、翼端が失速する事は好ましくない。例えば、直線飛行において、迎え角を上げスピードを下げていった場合、左右どちらかの翼端が失速すると、失速した側に大きく機首を傾けようとする。ワッシュアウトを付けた状態で、同じようにスピードを下げていくと失速は翼の中央から起こり、機首を下げるモーメントが働く。つまり、フロントダイブとなり、これが機体のスピードをとりもどす力となり、再度滑空状態に戻る事となる。ワッシュアウトは旋回運動にも効果を発揮する。旋回時、翼の中心付近よりも旋回半径が小さくなる内側の翼端はストールに入り易い状態にあるが、ワッシュアウトをつける事でそれを防止している。

出典|パラグライダー用語辞典について | 情報

ワッシュアウトの関連キーワード捻り下げ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android