ワルハラ神殿(読み)ワルハラシンデン

デジタル大辞泉の解説

ワルハラ‐しんでん【ワルハラ神殿】

Walhalla》ドイツ南東部、バイエルン州の都市、レーゲンスブルクの郊外、ドナウ川を見下ろす丘の上にある神殿。バイエルン王ルートウィヒ1世の命により1830年から1842年にかけて、ドイツの建築家レオ=フォン=クレンツェの設計で建造。ドイツの偉人を祭るためにギリシャ神殿ドリス式を模して造られた。バルハラ神殿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android