コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴァルハラ神殿 ヴァルハラしんでん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヴァルハラしんでん【ヴァルハラ神殿】

ドイツ南部のバイエルン州東部、オーバープファルツの中心都市レーゲンスブルク(Regensburg)郊外、ドナウ川沿いの丘の上に建つ「ドイツの栄光の神堂」と呼ばれる建物。バイエルン王国のルートヴィヒ1世(1786~1868年)がドイツの偉人たちを祀るために、1824年にアテネのパルテノン宮殿を模して建設したものである。レーゲンスブルクを流れるドナウ川の下流約10kmに位置し、レーゲンスブルク中央駅の駅前からバスで約30分ほど(約15km)の場所にある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android