一の銛(読み)いちのもり

  • いち
  • の 銛(もり)

精選版 日本国語大辞典の解説

鯨を突く際、第一番目に打ち込む銛。《季・冬》〔日葡辞書(1603‐04)〕
※俳諧・桜川(1674)冬二「つくやくじら価千金一のもり〈師繕〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android