一人で歩いていった猫(読み)ヒトリデアルイテイッタネコ

デジタル大辞泉「一人で歩いていった猫」の解説

ひとりであるいていったねこ【一人で歩いていった猫】

大原まり子の短編SF小説。大学在学中に第6回ハヤカワSFコンテストに応募し佳作入選した、著者のデビュー作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android