一口に出ずるが如し(読み)イッコウニイズルガゴトシ

大辞林 第三版の解説

いっこうにいづるがごとし【一口に出ずるが如し】

〔戦国策 楚策
多くの人の言うことが一致していて、まるで一人の口から出てきたかのようである。異口同音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっこう【一口】 に 出(い)ずるが如(ごと)

おおぜいの人のことばが、一人の口から出たように同じであること。異口同音(いくどうおん)。〔韓非子‐内儲説・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android