異口同音(読み)イクドウオン

  • いこうどうおん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 多くの人がみな、口をそろえて同じことをいうこと。多くの人の意見が一致すること。いこうどうおん。
※本朝文粋(1060頃)一三・為仁康上人修五時講願文〈大江匡衡〉「異口同音。讚嘆如来之相好」 〔宋書‐庾炳之伝〕
※文明本節用集(室町中)「異口同音 イコウトウヲン」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

多くの人がみな、口をそろえて同じことをいうこと。多くの人の意見が一致すること。

[活用] ―に。

[使用例] 新聞社の医学記者や、医事評論家など、客観的な立場から観ている人に二、三当たってみましたが、異口同音、大河内教授はまれにみるしゆんげん剛直、高潔孤高の士だということでした[山崎豊子*白い巨塔|1965]

[使用例] おれと尾行者は、すぐに「全然ビル」の玄関を指さし、異口同音に叫んだ。「この中です。このビルの中へ逃げこみました」[筒井康隆脱走追跡サンバ|1971]

[解説] 「異口」が異なった口、すなわち多くの人々の口(=言葉)を意味しているので、「異句」と書くのは誤り。「いこうどうおん」ともいいます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異口同音の関連情報