一時働(読み)いちじばたらき

精選版 日本国語大辞典の解説

いちじ‐ばたらき【一時働】

〘名〙 常にはなまけていて、その場になって、急に働くこと。節供働(せっくばたら)き。一時働(いっときばたら)き。
諺苑(1797)「ぶしゃう者の一時ばたらき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android