一朝の怒りにその身を忘る(読み)イッチョウノイカリニソノミヲワスル

  • 一朝(いっちょう)の怒(いか)りにその身(み)を忘(わす)る

大辞林 第三版の解説

論語 顔淵
一時の怒りのために、思慮を失い、身を滅ぼし、災いを親兄弟に及ぼす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

故事成語を知る辞典の解説

一瞬、激怒したことで、冷静な判断力を失ってしまうこと。

[由来] 「論語がんえん」に載っている、孔子のことばから。弟子から惑いについて質問されて、「『一朝の忿いかりにの身を忘れ(一時的な怒りの感情によって自分を見失い)』、家族にまで迷惑を掛けるのは、惑いだろう」と答えています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android