一生(読み)いっしょう

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐しょう ‥シャウ【一生】

[1] 〘名〙
① 生まれてから死ぬまでの間。生きている間。生涯。一期(いちご)。終生。
※竹取(9C末‐10C初)「一しゃうの恥ぢ、これに過るはあらじ」
※徒然草(1331頃)三八「しづかなるいとまなく、一生を苦しむこそおろかなれ」 〔晉書‐挙卓伝〕
② (「一生の」の形で) 生涯に一度しかないようなこと、生涯にかかわるようなことの意を添える。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)中「一しゃうの無心〈略〉三貫目ととのへ、与兵衛に持たせて下され」
※記念碑(1955)〈堀田善衛〉「お前と結婚したのは一生の不作だった」
③ やっとのことで生き延びること。→九死一生
※太平記(14C後)二「万死を出て一生に合ひ、白昼に京へ引返す」
[2] 〘副〙 (「に」を伴う場合もある。下に打消を伴って) 全く。まるっきり。
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)上「我妻ならで一生に、覚へぬ男の肌触れて身を汚したか浅ましや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっ‐しょう〔‐シヤウ〕【一生】

生まれてから死ぬまでの間。終生(しゅうせい)。生涯。「幸せな一生を送る」「事業に一生を捧げる」「一生を棒にふる」「一生忘れられない出来事」
やっと生き延びること。一命。「九死に一生を得る」
(「一生の…」の形で)生きている間に一度しかないようなこと。生涯にかかわる重大なこと。「一生の願い」「一生の不覚」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android