一生(読み)イッショウ

  • いっしょう ‥シャウ
  • いっしょう〔シヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

生まれてから死ぬまでの間。終生(しゅうせい)。生涯。「幸せな一生を送る」「事業に一生を捧げる」「一生を棒にふる」「一生忘れられない出来事」
やっと生き延びること。一命。「九死に一生を得る」
(「一生の…」の形で)生きている間に一度しかないようなこと。生涯にかかわる重大なこと。「一生の願い」「一生の不覚」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

生まれてから死ぬまで。生涯しようがい。副詞的にも用いる。 -を送る 研究に-をささげる -を棒に振る 御恩は-忘れない
やっと命が助かること。 九死に-を得る
同じ親から生まれること。 イップク-ノ兄弟/日葡

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 生まれてから死ぬまでの間。生きている間。生涯。一期(いちご)。終生。
※竹取(9C末‐10C初)「一しゃうの恥ぢ、これに過るはあらじ」
※徒然草(1331頃)三八「しづかなるいとまなく、一生を苦しむこそおろかなれ」 〔晉書‐挙卓伝〕
② (「一生の」の形で) 生涯に一度しかないようなこと、生涯にかかわるようなことの意を添える。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)中「一しゃうの無心〈略〉三貫目ととのへ、与兵衛に持たせて下され」
※記念碑(1955)〈堀田善衛〉「お前と結婚したのは一生の不作だった」
③ やっとのことで生き延びること。→九死一生
※太平記(14C後)二「万死を出て一生に合ひ、白昼に京へ引返す」
[2] 〘副〙 (「に」を伴う場合もある。下に打消を伴って) 全く。まるっきり。
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)上「我妻ならで一生に、覚へぬ男の肌触れて身を汚したか浅ましや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一生の関連情報