一般司法警察職員(読み)イッパンシホウケイサツショクイン

デジタル大辞泉 「一般司法警察職員」の意味・読み・例文・類語

いっぱん‐しほうけいさつしょくいん〔‐シハフケイサツシヨクヰン〕【一般司法警察職員】

司法警察職員一つ。一般の警察官のこと。→特別司法警察職員

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の一般司法警察職員の言及

【刑事訴訟】より

… 捜査を担当するのは,司法警察職員および検察官,検察事務官である。司法警察職員の主力は約20万人の警察官(一般司法警察職員)であるが,そのほか,皇宮護衛官,麻薬取締官,海上保安官など,特定の事項ないし地域について職権を行使する者もいる(特別司法警察職員)。検察官は,司法警察職員に対し,相互協力の関係に立つと同時に,一定の場合には指示を発し,また指揮をすることができる(〈検察制度〉の項目参照)。…

【司法警察職員】より

…国家公安委員会規則によれば,巡査部長以上は司法警察員,巡査は司法巡査とされている。司法警察職員の主力は警察官であり,すべての犯罪に対する捜査権限が認められることから〈一般司法警察職員〉と呼ばれる。これに対し警察官以外で,個別の法律の定めにより特定の事項につき司法警察職員としての職務を行うものが〈特別司法警察職員〉である(190条)。…

※「一般司法警察職員」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android