コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一銭切り イッセンギリ

デジタル大辞泉の解説

いっせん‐ぎり【一銭切り】

戦国時代の軍律にみられる死刑の一。たとえ1でも盗んだ者は首を切られるからとも、首の切り口の形が銭に似ているからともいう。
「みだりがはしき輩(ともがら)あらば、―と御定めあって」〈信長記・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっせんぎり【一銭切り】

戦国時代に行われた刑罰の一。銭ぜに一文でも盗んだ者は死罪にしたからとも、首の切り口が銭に似るからともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一銭切りの関連キーワード戦国時代一文刑罰死罪

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android