コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信長記 シンチョウキ

大辞林 第三版の解説

しんちょうき【信長記】

軍記。一五巻。小瀬甫庵著。江戸初期の成立。太田牛一の「信長公記」を整理改編したもの。原作よりもわかりやすく、儒教思想が濃くなっている。のぶながき。
「信長公記」と「信長記」の併称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信長記
のぶながき

信長公記」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

信長記の関連キーワード信長公記(しんちょうこうき)信長記(しんちょうき)信長記(のぶながき)祇園祭礼信仰記荻島 真一一種一瓶中邑阿契一銭切り小瀬甫庵赤見春光抱える信長記併称馬印槍下火矢

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信長記の関連情報