コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信長記 シンチョウキ

大辞林 第三版の解説

しんちょうき【信長記】

軍記。一五巻。小瀬甫庵著。江戸初期の成立。太田牛一の「信長公記」を整理改編したもの。原作よりもわかりやすく、儒教思想が濃くなっている。のぶながき。
「信長公記」と「信長記」の併称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信長記
のぶながき

信長公記」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

信長記の関連キーワード信長公記(しんちょうこうき)信長記(しんちょうき)信長記(のぶながき)祇園祭礼信仰記荻島 真一中邑阿契一銭切り赤見春光小瀬甫庵一種一瓶信長記抱える併称槍下火矢馬印

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信長記の関連情報