コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一銭剃り イッセンゾリ

デジタル大辞泉の解説

いっせん‐ぞり【一銭×剃り】

代金が1銭(1文)だったところから》近世初期、道端などで店を構えて商売をした髪結い。一文剃り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっせんぞり【一銭剃り】

〔一人一銭で月代さかやきを剃ったり、結髪をしたりしたところから〕
江戸初期の髪結い。床屋。一文剃り。いっせん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一銭剃りの関連キーワード一銭職結髪