一銭剃り(読み)イッセンゾリ

大辞林 第三版の解説

いっせんぞり【一銭剃り】

〔一人一銭で月代さかやきを剃ったり、結髪をしたりしたところから〕
江戸初期の髪結い。床屋。一文剃り。いっせん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android