商売(読み)ショウバイ

  • しょうばい シャウ‥
  • しょうばい〔シヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
利益をあげる目的で物を売り買いすること。あきない。「数軒の支店を持って商売している」「客商売」「商売繁盛」
生活の基盤になっている仕事。職業。「本を書くのが商売だ」「因果な商売だ」
芸者遊女などの仕事。水商売。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
商品を仕入れて、売ること。あきない。 -して暮らしている
課せられている任務。つとめ。また、職業。専門の仕事。 本を読むのも-のうちだ -がえ
芸者などの接客業。水商売。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 売買に関する商業の総称。あきない。商業。
※延喜式(927)四二「凡京中衛士仕丁等坊不商売
※日本読本(1887)〈新保磐次〉四「港の中にも商売最繁昌なる地にして、これを五港と云ふ」
② それによって生計をたててゆく仕事。職業。営業。転じて、専門あるいは専門の仕事の意に用いる。
※浮世草子・世間胸算用(1692)二「今の世の商売(シャウバイ)に銀(かね)かし屋より外によき事はなし」
③ 素人(しろうと)の女性に対して、芸者、遊女などの職業をいう。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「そふして見ればお米は商売(シャウバイ)、外の座敷へ行日もあろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商売の関連情報