商売(読み)しょうばい

精選版 日本国語大辞典「商売」の解説

しょう‐ばい シャウ‥【商売】

〘名〙
① 売買に関する商業の総称。あきない。商業。
※延喜式(927)四二「凡京中衛士仕丁等坊不商売
※日本読本(1887)〈新保磐次〉四「港の中にも商売最繁昌なる地にして、これを五港と云ふ」
② それによって生計をたててゆく仕事。職業。営業。転じて、専門あるいは専門の仕事の意に用いる。
※浮世草子・世間胸算用(1692)二「今の世の商売(シャウバイ)に銀(かね)かし屋より外によき事はなし」
③ 素人(しろうと)の女性に対して、芸者遊女などの職業をいう。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「そふして見ればお米は商売(シャウバイ)、外の座敷へ行日もあろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「商売」の解説

しょう‐ばい〔シヤウ‐〕【商売】

[名](スル)
利益をあげる目的で物を売り買いすること。あきない。「数軒の支店を持って商売している」「客商売」「商売繁盛」
生活の基盤になっている仕事。職業。「本を書くのが商売だ」「因果な商売だ」
芸者・遊女などの仕事。水商売。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android