商売(読み)しょうばい

精選版 日本国語大辞典「商売」の解説

しょう‐ばい シャウ‥【商売】

〘名〙
① 売買に関する商業の総称。あきない。商業。
※延喜式(927)四二「凡京中衛士仕丁等坊不商売
※日本読本(1887)〈新保磐次〉四「港の中にも商売最繁昌なる地にして、これを五港と云ふ」
② それによって生計をたててゆく仕事。職業。営業。転じて、専門あるいは専門の仕事の意に用いる。
※浮世草子・世間胸算用(1692)二「今の世の商売(シャウバイ)に銀(かね)かし屋より外によき事はなし」
③ 素人(しろうと)の女性に対して、芸者、遊女などの職業をいう。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「そふして見ればお米は商売(シャウバイ)、外の座敷へ行日もあろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「商売」の解説

しょう‐ばい〔シヤウ‐〕【商売】

[名](スル)
利益をあげる目的で物を売り買いすること。あきない。「数軒の支店を持って商売している」「客商売」「商売繁盛」
生活の基盤になっている仕事。職業。「本を書くのが商売だ」「因果な商売だ」
芸者・遊女などの仕事。水商売。
[類語](1売り買いあきな小商い営業売買取引引き合い交易トレードビジネス貿易輸出入通商商取引先物取引商業商事ビジネス営利事業経営商行為業務外商外交セールス稼ぐ得る一稼ぎする得する利する益する潤う潤す金になる受益一儲け丸儲けぼろ儲け金儲け営利荒稼ぎ一攫千金海老で鯛を釣る濡れ手で粟焼け太り甘い汁を吸ううまい汁を吸う懐を肥やす私腹を肥やす・私利を貪る・一山当てる/(2職業仕事稼業生業せいぎょうなりわい飯の種

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android