コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七度狐(ひちどぎつね)

1件 の用語解説(七度狐(ひちどぎつね)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

七度狐(ひちどぎつね)

古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。「庵寺」とも。上方では「ひちどぎつね」と読み、東京では「ななたびぎつね」とも読む。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七度狐(ひちどぎつね)の関連キーワード大盞八足後に心お文位競べ子猫木挽茶屋後家馬子蛸芝居遊山舟

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone