コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万国公報 ばんこくこうほうWàn guó gōng bào

世界大百科事典 第2版の解説

ばんこくこうほう【万国公報 Wàn guó gōng bào】

中国,清末にアメリカ人宣教師アレンYoung J.Allen(中国名は林楽知)が中国語で出版した雑誌。1868年(同治7)9月の創刊時は《教会新聞The Church News》という名の週刊誌であったが,300号を契機に,74年9月以降83年まで月刊誌となり《万国公報The Chinese Globe Magazine》の名称で刊行。6年間休刊後,89年(光緒15)2月からは《万国公報Review of the Times》と英文標題を改め,英米独のプロテスタント組織広学会の援助で1908年まで228冊が出版された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の万国公報の言及

【広学会】より

…西洋書籍の漢訳と出版を通じて中国人を啓蒙した。月刊の機関誌《万国公報》をはじめとする漢訳西書は,清末の中国知識人に大きな影響を与え,変法運動の下地をつくった。【坂出 祥伸】。…

※「万国公報」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android