コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西洋事情 セイヨウジジョウ

4件 の用語解説(西洋事情の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいようじじょう〔セイヤウジジヤウ〕【西洋事情】

欧米の紹介書。10巻。福沢諭吉著。慶応2~明治3年(1866~70)刊。遣欧使節随行で得た知識をもとに、西洋諸国の政治・風俗・経済・制度などを紹介したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいようじじょう【西洋事情】

福沢諭吉が著した西洋文明と欧米5ヵ国の紹介書。〈初編〉1866年(慶応2),〈外編〉68年(明治1),〈二編〉70年刊。福沢は1862年(文久2),幕末遣外使節団の一員としてヨーロッパを訪れ,精力的に視察・調査を行い文献・資料を集め,本書はこれをもとに著された。執筆のねらいは,当時の西洋諸国を敵視して,これと戦うためにこれら諸国を知ろうとすること,あるいは西洋文明の受容が科学技術や兵学に限られるというゆがみを正し,西洋の実態を政治・社会制度の根本から正しく理解して,それにふさわしい国際関係をきずくことにあった(〈初編〉序言)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいようじじょう【西洋事情】

福沢諭吉の著。1866~70年刊。二度の外遊による見聞をもとに、諸外国の歴史、政治・財政・軍事などの海外事情を紹介。幕末から明治初頭に多数の人々に読まれ、啓蒙的役割を果たした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西洋事情
せいようじじょう

西洋文明を紹介した福沢諭吉(ゆきち)の名著。3編からなり、初編は1866年(慶応2)、外編は68年(明治1)、2編は70年の刊行。西洋諸国の歴史、制度、国情、西洋文明社会に共通する文物や社会、人間のあり方を紹介して、鎖国から解かれたばかりの当時の人々にとって好個の西洋世界入門書となり、ベストセラーとなった。ほとんどが洋書を種本としているが、新聞、病院、貧院、図書館の紹介、アメリカ独立宣言の紹介、自由自主や人間の権利を中心とした文明社会の解説は、福沢の鋭い洞察力を示すものである。[広田昌希]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西洋事情の言及

【地理教育】より

…地形,気候などの自然条件と,そこに展開されている人間生活との関係を理解すること,さらに郷土や国土および諸外国についての学習が中心となる。
[歴史]
 明治初期の内外情勢の急激な変化に伴い,世界についての知識が渇望されるなかで,福沢諭吉の《西洋事情》《世界国尽》をはじめとする啓蒙書が広く読まれ,地理教育の一翼をになったが,学校における地理の授業も大きな役割を果たした。1872年(明治5)の〈学制〉成立によって地理教育は,小学校では〈地学読方〉〈地学輪講〉として行われ,翌年の改正小学教則で〈地理学読方〉〈地理学輪講〉に改められ,授業時数が若干減らされたものの,算術,習字などに次ぐ教科として位置づけられていた。…

【福沢諭吉】より

…60年(万延1)最初の幕府使節のアメリカ派遣に際し,軍艦奉行木村摂津守の従者となって渡米,以後61‐62年(文久1‐2)のヨーロッパ6ヵ国派遣使節,67年(慶応3)の遣米使節の一員として3回にわたり西欧の文化をその母国において摂し,〈封建門閥〉の重圧の下で実力をのばす機会を模索していた彼は〈変革〉,開国と〈富国強兵〉への構想をはぐくみはじめる。幕末・明治初年のベストセラーとなって日本社会の上下に大きな影響を与えた《西洋事情》(1866‐69)は,この文化接触の経験にもとづいて著された。 最初のアメリカ行から帰った年に福沢は幕府外国方に雇われ,1864年(元治1)に召し出されて幕臣となった。…

【ベストセラー】より

…ベストセラー(ズ)という語は,1895年アメリカの文芸雑誌《ブックマンThe Bookman》によって広められ,日本には1914年1月に《学鐙》誌上の広告で紹介されたが,定着したのは第2次大戦後である。
[第2次大戦前]
 明治初期のベストセラーは福沢諭吉の著作で,とくに《西洋事情》(1866‐70)は偽版も加えると20万部以上に達した。このほか中村正直《西国立志篇》(1871),矢野竜渓《経国美談》(1883‐84),東海散士《佳人之奇遇》(1885‐97)などがベストセラーであった。…

※「西洋事情」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西洋事情の関連キーワード富田正文冨田正文脱亜論発源洋文横文字自尊宗世界国尽石河幹明諭吉の里

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西洋事情の関連情報