コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万治制法 まんじせいほう

世界大百科事典 第2版の解説

まんじせいほう【万治制法】

長州藩主毛利綱広が榎本遠江就時に命じて,1660年(万治3)から翌年にかけて制定させた同藩の基本法。幕令をもとにしながら毛利元就以来の法令を29編に集大成したもの。主要法令の制定が万治3年であったため,万治制法という。中心は当家制法条々,諸寺法度条々・社家法度条々,町方条々,郡中制法条々の4編で,残る25編は施行細則である。《毛利十一代史》(第7冊)および《山口県史料集》(近世編法制上)所収。【小川 国治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone