丈六をかく(読み)じょうろくをかく

精選版 日本国語大辞典「丈六をかく」の解説

じょうろく【丈六】 を=かく[=組(く)む]

(丈六の仏像が結跏趺坐(けっかふざ)の姿であるところから) あぐらをかいてすわる。趺坐する。じょうら組む。じょうらくを組む。
※蓮如上人仰条々連々聞書(1574)「常住坊にて独居住の所にても、衣をぬがず、じゃうろくかかず、片膝を立て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android