丈六(読み)じょうろく

  • じょうら ヂャウ‥
  • じょうろく ヂャウ‥
  • じょうろく〔ヂヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

《釈迦の身長が1丈6尺(約4.85メートル)あったというところから》1丈6尺。また、その高さの仏像。座像の場合は半分の8尺に作るが、それも丈六といい、また、丈六より大きいものを大仏という。
《丈六の仏像が、多く結跏趺坐(けっかふざ)の姿であるところから》あぐらをかくこと。
「襞襀(ひだ)もあらぬ袴の膝を―に組みて」〈紅葉金色夜叉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

仏像の高さの基準。立像では像高1丈6尺の像,座像では像高8尺の像をいう。なお像高が8尺の立像,4尺の座像を半丈六などという。
→関連項目大仏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「じょうろく(丈六)」の変化した語。
〘名〙
① 「一丈六尺(約四・八五メートル)」の略。仏像の標準的な高さとされる。
※書紀(720)大化元年八月「小墾田の宮に御宇天皇の世に、馬子宿禰、天皇の奉為に、丈六の繍像(ぬいもののみかた)、丈六の銅の像を造る」
※今昔(1120頃か)四「暫く有て林の中より歩み出たるを見れば、長(たけ)は丈六、頂は紺青の色也」
※法華義疏(7C前)二「亦如前釈視父而已者唯有丈六之機
※俳諧・笈の小文(1690‐91頃)「丈六にかげろふ高し石の上」
③ (②が結跏趺坐(けっかふざ)の姿であるところから) あぐら。あぐらをかいてすわること。趺坐。丈六居。じょうら。じょうらく。→じょうろく(丈六)をかく

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の丈六の言及

【厩坂】より

…興福寺の前身である厩坂寺もこの付近にあった。橿原市久米町と石川町の境に所在する小字丈六(じようろく)は,あるいは厩坂寺と関連を有するかもしれない。【和田 萃】。…

【仏像】より

…そのころ造寺・造仏関係の工人たちの渡来も伝えられ,日本の仏像はまさに半島のそれの輸入,直模であったといってよいであろう。正史の伝える日本での本格的な造像の最初は,606年(推古14)の飛鳥(あすか)寺本尊,金銅丈六釈迦像で,これは損傷・補修甚だしい状態であるが同寺に伝世する像(飛鳥大仏)にあたると考えられている。これらの仏像の様式は半島経由とはいいながら,中国の6世紀前半の様式を忠実に学ぶもので,材料としては銅と木が主体であった。…

※「丈六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android