コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つ輪 ミツワ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐わ【三つ輪】

紋所の名。三つの輪を少しずらして重ね合わせたもの。
三つ輪髷(まげ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつわ【三つ輪】

輪違い紋の一。三つの輪を交差させたもの。三つ輪違い。
「三つ輪髷」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三つ輪の言及

【髪形】より

…遊女や芸者など粋筋は兵庫髷系統か島田髷を結ったが,生娘の島田髷とでは趣が違って,根を下げた根下り島田,投げ島田,髷の中央をくぼませるつぶし島田などが結われた。また遊芸師匠や鳥追のような女性は天神髷,三つ輪,おさふねなどを結った。 男性の髪形は近世になると,それまで一つの系統であったものが大きく変化した。…

※「三つ輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三つ輪の関連キーワード三つ輪髷州浜形

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android