紋所(読み)モンドコロ

大辞林 第三版の解説

もんどころ【紋所】

家々でそのしるしとする紋章。家紋。定紋。 「 -を染め抜く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もん‐どころ【紋所】

〘名〙 家々で定めて用いている紋章。家々の定紋。紋。
※俳諧・犬子集(1633)二「川の瀬の文所かや花筏正信〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の紋所の言及

【紋章】より

…ある特定の図案を用いて,個人,一家,一族,団体,結社などを表徴する標識。紋章という呼称は近代になってからのもので,古くは〈家紋〉〈家の紋〉〈定紋(じようもん)〉〈紋じるし〉〈紋所〉などと称していたが,このうち〈家紋〉は厳密にいえば武家の紋のみに用いられた呼称である。団体や結社に用いられるものは記章,バッジと呼ばれることも多く,各種のシンボルマークもこれに近い。…

※「紋所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紋所の関連情報