コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三分法 さんぶんほう

大辞林 第三版の解説

さんぶんほう【三分法】

全体を三つに分けて考える考え方。人間を霊魂・肉体・精神から成ると考える類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三分法の関連キーワードメンデルスゾーンアポリナリオス成果配分制度利益三分法象徴的分類天皇の行為能力心理学重罪・軽罪時代区分言語哲学社会類型近代社会世界史生物界考え方心理学音楽意志セー全体

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三分法の関連情報