仕方(読み)しかた

精選版 日本国語大辞典「仕方」の解説

し‐かた【仕方】

〘名〙 (「し」はサ変動詞「する」の連用形から)
① なすべき方法。やり方。手段。仕様(しよう)
※史記抄(1477)三「周は懼楚しかたのなさに必入秦なり」
※交易問答(1869)〈加藤弘之〉上「其仕方も巧者になりて」
② 現実に、今行なわれている動作、ふるまい。悪い意味で用いることが多い。しうち。
※浮世草子・好色一代男(1682)二「我うすぎぬの、あらく裂きたまふこそ、さりとはにくき御しかた」
※狐の裁判(1884)〈井上勤訳〉九「我が恩誼に報ゆる行為(シカタ)か」
③ しぐさ。身ぶりや、てまね。
※虎寛本狂言・千鳥(室町末‐近世初)「迚の事に、仕形を致し、学うでお目に掛ませう」
※雉子の話(1963)〈中勘助〉「手をあげて土をかけよと仕方をした」
④ 「しかたまい(仕方舞)」の略。〔多胡辰敬家訓(1544頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仕方」の解説

し‐かた【仕方】

物事をする方法。やり方。「掃除の仕方
他に対する振る舞い。仕打ち。「親に対する仕方ではない」
(「仕形」とも書く)身ぶり。手まね。
「手をあげて土をかけよと―をした」〈中勘助・鳥の物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android