三善倫経(読み)みよし ともつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三善倫経 みよし-ともつね

?-? 鎌倉時代の幕府官僚。
三善倫長(ともなが)の子。文永6年(1269)幕府の引付衆となり,建治(けんじ)2年評定衆にくわえられた。弘安(こうあん)7年出家。は別に矢野。法名は善厳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android