コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引付衆 ひきつけしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引付衆
ひきつけしゅう

鎌倉,室町幕府引付にたずさわった者。室町幕府では内談衆ともいった。評定衆が兼ねる引付頭人に統轄される。初め右筆出身者か有力御家人から選ばれ,次第に北条氏一門の者に占められるようになった。室町幕府もこの制を設けたが,室町時代の中頃に廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

引付衆【ひきつけしゅう】

引付方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひきつけしゅう【引付衆】

引付に配属されて訴訟審理の実務にあたる幕府の職名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

引付衆
ひきつけしゅう

鎌倉・室町幕府において、訴訟専門機関である引付に属して訴訟審理にあたった役職。引付は鎌倉幕府の第5代執権北条時頼(ときより)が、裁判の公正を期し、能率化を図るために、1249年(建長1)に設けたもの。当初は御家人(ごけにん)が当事者である訴訟を扱う機関であったが、のち所領関係の訴訟を専門に扱う機関となった。引付は時期によって3~8の法廷をもち、各法廷では、引付頭人(とうにん)の指揮の下に、評定衆(ひょうじょうしゅう)、引付衆、奉行人(ぶぎょうにん)おのおの数名が訴訟審理にあたり、判決原案を作成して評定会議に上程した。引付衆には北条氏一門・有力御家人と文筆系職員とが任命されたが、しだいに北条氏一門の占める割合が高くなっていった。それはやがて、評定衆に進む階梯(かいてい)として北条氏一門の年少者が就任するという傾向も生んだ。評定・引付の制は室町幕府にも受け継がれ、内談(内評定)において評議するので、内談衆ともいわれたが、やがて衰退し、評定衆、引付衆の区別も不分明となり、その実質を失っていった。[山本博也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の引付衆の言及

【中老】より

…室町時代から,村・町・大名家・幕府などに見られる。室町幕府では宿老である評定衆に対して引付衆が中老と呼ばれていた。戦国大名武田氏にも中老の職があったことが《甲陽軍鑑》に見える。…

【引付方】より

…1249年(建長1)12月9日に初めて置かれた機関で,三~五方の部局に分かれ,所領相論を中心とする裁判を担当した。一方は引付衆と引付奉行人とからなる。引付衆は評定衆兼務の2~3名を含んだ若干名で構成され,評定衆兼務の1名が引付頭人として,他の引付衆の補佐を得て,訴訟全体の指揮をした。…

【評定衆】より

…そのメンバーは執権・連署をはじめとする北条氏一門と,大江,二階堂,三善,清原,中原等の吏僚層が大半を占め,ときに三浦,千葉,安達等の有力御家人が選ばれたものの,それは世襲にはいたらなかった。こうして評定制は北条氏の執権政治を支える役割を果たし,49年(建長1)に御家人訴訟を扱う裁判機関として引付衆が置かれると,評定衆と引付衆は一体となって幕府の政治・裁判制度の完成をもたらした。北条氏一門の評定衆は引付衆を兼ね,中でも引付頭人は一門が独占して北条執権体制はここでも貫徹していた。…

※「引付衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報