三日にあげず(読み)みっかにあげず

精選版 日本国語大辞典「三日にあげず」の解説

みっか【三日】 に あげず

をおかないさま、たび重なるさまにいう。しばしば。たびたび。
浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)三「三日上げずお出なされて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三日にあげず」の解説

三日(みっか)にあげず

間をおかず。非常にしげく。しばしば。「三日にあげず電話してくる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android