三日(読み)サンジツ

  • さんにち
  • みか
  • みっか

デジタル大辞泉の解説

みっかの間。特に正月1日・2日・3日。三箇日(さんがにち)。
江戸時代、毎月朔日(ついたち)・15日・28日の称。式日とされ、諸大名・旗本などが麻上下(あさがみしも)で登城した。御三日(おさんにち)。
三つの日数。3日間。みっか。
「―ばかりありて漕(こ)ぎ帰り給ひぬ」〈竹取
月の第3日。みっか。
「三月(やよひ)―は、うらうらとのどかに照りたる」〈・四〉
ある事から3日目。特に婚礼・誕生などにいう。
「(婚礼カラ)―にあたる夜、餅(もちひ)なむまゐると人々の聞こゆれば」〈・総角〉
《「みか」の音変化》
月の第3の日。
特に、正月3日。三が日の終わりの日。 新年》「―はや雲おほき日となりにけり/万太郎
日の数の三つ。3日間。また、ごくわずかな日数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 三日のあいだ。みっか。
② 江戸時代、毎月三日あった式日で、朔日(ついたち)と一五日と二八日をいう。幕府では諸大名、旗本などが登城し、民間でも赤飯を食べたり、神詣でをしたり、仕事を休んだりした。
※雑俳・柳多留‐初(1765)「子を持ってから三(サン)日をやっとぬり」
〘名〙
① 日の数三つ。みっか。さんじつ。
※天草本平家(1592)二「フクワラ エ ノボラウズルニ sannichi(サンニチ) ニワ スギマジイ」
② 暦の各月の第三番目の日。多くは特に桃の節句の三月三日のことをいう。みっか。さんじつ。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「サングヮツ sannichi(サンニチ)
〘名〙
① 日の数三つ。また、三日間。みっか。
※竹取(9C末‐10C初)「三日ばかりありて漕ぎ帰り給ひぬ」
※伊勢物語(10C前)四二「ふつかみか許さはることありて」
② 暦の月の初めから三番目の日。みっか。
※枕(10C終)四「三月三日うらうらとのどかに照りたる」
③ 特に、三月三日(桃の節供)や一月三日。また、正月の元日からの三日間。みっか。
※平治(1220頃か)中「せめて三日の御祝過てこそ御たち候べけれ」
④ ある事があってから三番目の日。三日目。みっか。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「この御文書き給ひて、三日といふになむ、かの絶えたる峯にうつろひ給ひにし」
⑤ 特に、結婚第三日目。また、その夜。みかのよ。
※宇津保(970‐999頃)沖つ白浪「八月十三日に婿取り給ふ。〈略〉十五夜の夜三日にあたるに」
⑥ 小児が誕生して三日目。また、その日の祝い。
※源氏(1001‐14頃)宿木「御産やしなひ、三日は、例の、ただ、宮の御わたくし事にて」
[語誌]「みっか」の古形。ミカの形は現代では複合語「三日月」の中に残る。室町時代にはミッカに転じていたようである。
〘名〙 (「みか」の変化した語)
① 日の数の、三。一日の三倍。三日間。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「イクニチカト トウノニ〈略〉フツカ、Micca(ミッカ)、ヨッカ」
② 月の初めから三番目の日。
※天草本平家(1592)一「ヲナジク micca(ミッカ) ニ 〈略〉 ヲン ツカイ ガ ツイタ」
③ 正月三日。また、正月の三日間。《季・新年》
※雑俳・柳多留‐七三(1821)「二日には三座三日は四座初日」
④ 三月三日。雛の節供の日。
※雑俳・柳多留‐三五(1806)「三日にはついて五日は屋根に葺」
⑤ なにか事があってから三番目の日。
⑥ ほんの数日しか続かないわずかの間。特に明智光秀の「三日天下」にかけていうこともある。「三日坊主」
※雑俳・柳多留‐六(1771)「愛宕にて買ったさつきは三日咲」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三日の関連情報