コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三日 サンジツ

6件 の用語解説(三日の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さん‐じつ【三日】

みっかの間。特に正月1日・2日・3日。三箇日(さんがにち)。
江戸時代、毎月朔日(ついたち)・15日・28日の称。式日とされ、諸大名・旗本などが麻上下(あさがみしも)で登城した。御三日(おさんにち)。

み‐か【三日】

三つの日数。3日間。みっか。
「―ばかりありて漕(こ)ぎ帰り給ひぬ」〈竹取
月の第3日。みっか。
「三月(やよひ)―は、うらうらとのどかに照りたる」〈・四〉
ある事から3日目。特に婚礼・誕生などにいう。
「(婚礼カラ)―にあたる夜、餅(もちひ)なむまゐると人々の聞こゆれば」〈・総角〉

みっ‐か【三日】

《「みか」の音変化》
月の第3の日。
特に、正月3日。三が日の終わりの日。 新年》「―はや雲おほき日となりにけり/万太郎
日の数の三つ。3日間。また、ごくわずかな日数。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじつ【三日】

みっか。特に、正月の元日・2日・3日。
江戸時代、毎月の式日とした1日・15日・28日。諸大名・旗本などは、この日麻裃かみしもで総登城した。

みか【三日】

三つの日数。みっか。 「ふつか-ありて/狭衣 3
月の第三の日。みっか。
結婚後第三日目。三日みかの餅もちい。 「 -の夜、御かはらけ取りて/宇津保 藤原君
誕生後第三日目。また、その日の祝い。 「御うぶやしなひ、-は例のただ、宮の御わたくし事にて/源氏 宿木

みっか【三日】

日の数三つ。また、連続したその期間。
暦の月の三番目の日。また特に、正月三日。 [季] 新年。
漠然と、わずかな期間。 「 -坊主」 「 -天下」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三日の関連情報