コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三日 サンジツ

デジタル大辞泉の解説

さん‐じつ【三日】

みっかの間。特に正月1日・2日・3日。三箇日(さんがにち)。
江戸時代、毎月朔日(ついたち)・15日・28日の称。式日とされ、諸大名・旗本などが麻上下(あさがみしも)で登城した。御三日(おさんにち)。

み‐か【三日】

三つの日数。3日間。みっか。
「―ばかりありて漕(こ)ぎ帰り給ひぬ」〈竹取
月の第3日。みっか。
「三月(やよひ)―は、うらうらとのどかに照りたる」〈・四〉
ある事から3日目。特に婚礼・誕生などにいう。
「(婚礼カラ)―にあたる夜、餅(もちひ)なむまゐると人々の聞こゆれば」〈総角

みっ‐か【三日】

《「みか」の音変化》
月の第3の日。
特に、正月3日。三が日の終わりの日。 新年》「―はや雲おほき日となりにけり/万太郎
日の数の三つ。3日間。また、ごくわずかな日数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじつ【三日】

みっか。特に、正月の元日・2日・3日。
江戸時代、毎月の式日とした1日・15日・28日。諸大名・旗本などは、この日麻裃かみしもで総登城した。

みか【三日】

三つの日数。みっか。 「ふつか-ありて/狭衣 3
月の第三の日。みっか。
結婚後第三日目。三日みかの餅もちい。 「 -の夜、御かはらけ取りて/宇津保 藤原君
誕生後第三日目。また、その日の祝い。 「御うぶやしなひ、-は例のただ、宮の御わたくし事にて/源氏 宿木

みっか【三日】

日の数三つ。また、連続したその期間。
暦の月の三番目の日。また特に、正月三日。 [季] 新年。
漠然と、わずかな期間。 「 -坊主」 「 -天下」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三日の関連キーワード世の中は三日見ぬ間に桜かな三日夜の餅・三日夜の餠草餅の節句・草餠の節句愛敬の餅・愛敬の餠当座漬け・当座漬三日祝い・三日祝クロワッサンマラリア療法三日にあげず家を空ける三日コロリ柳沢 徳忠突発性発疹三日夜の餅照照坊主一日交ぜ情が移る半透き額三日坊主女の節句

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三日の関連情報