コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三舟の才 サンシュウノサイ

2件 の用語解説(三舟の才の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんしゅう‐の‐さい〔サンシウ‐〕【三舟の才】

詩・歌・管弦のすべてにすぐれていること。三船(さんせん)の才。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三舟の才の言及

【藤原公任】より

…正二位権大納言に上ったが,1024年(万寿1)官を辞し京都の北山に出家隠棲する。大堰川に漢詩,和歌,管絃の三船をうかべ,その得意とするところによって人々を乗船させたとき,藤原道長をして,公任はどの船に乗るのだろうかと言わしめるほどの才があったという〈三舟の才〉の逸話に示されるように多才博識で知られ,道長全盛時の歌壇を代表する指導者の位置を占めていた。公任の著作活動は多彩であり,自身の和歌観を述べた歌論書としては,心姿相具をいう《新撰髄脳》,実作を格づけしてみせた《和歌九品(くほん)》などがある。…

※「三舟の才」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone