コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管弦 かんげん

3件 の用語解説(管弦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管弦
かんげん

(1) 雅楽の演奏様式名。古くは「管絃」と書いた。舞楽に対する。唐楽を,三管 (笙,篳篥〈ひちりき〉,竜笛〈りゅうてき〉) ,両弦 (楽琵琶,楽箏) ,三鼓 (楽太鼓,鉦鼓,羯鼓) で合奏する純粋な器楽合奏の形態。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐げん〔クワン‐〕【管弦/管×絃】

管楽器弦楽器横笛などの笛類と、琵琶(びわ)などの弦(いと)類。また、楽器の総称。糸竹(いとたけ・しちく)。
楽器を演奏すること。特に、雅楽の演奏。また、詩文・和歌に対して、音楽をいう。「―の遊び」「詩歌―」
雅楽で、舞を伴わない楽器だけによる演奏形式。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

管弦【かんげん】

雅楽の唐楽を,舞を伴わずに楽器だけで演奏すること。当初から管弦のために作曲されたものもあり,また舞楽と共通する曲の場合にも舞楽とは異なり,琵琶と箏(そう)とが合奏に加わり,太鼓と鉦鼓(しようこ)は小型の管弦用のものを使用,調子のかわりに音取(ねとり)を演奏するほか,演奏技巧の上でも,細かい違いがある。
→関連項目雅楽鉦鼓音取竜笛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の管弦の言及

【管絃】より


[雅楽における管絃]
 雅楽の演奏において,楽器だけの合奏によって行われるものを,舞を伴う舞楽と区別して管絃という。また,管絃編成で行われる演奏会のことをさすこともあり,その場合は,後に述べるような楽器編成による合奏をプログラムの主体とし,このほかに,管絃伴奏による歌曲や楽器の独奏を組み込んで行われたりもする。 9世紀半ば(承和年間ころ)から,当時唐や三韓などを経て日本に渡来した各種の外来音楽を,質,内容などの点で整理統合したり,編作補作,さらには外国のスタイルに模してしかも日本的好みにかなった作品を作曲するなど,いわば外来音楽の国風化の気運が高まった。…

※「管弦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

管弦の関連キーワード東遊陪臚前弾き唐笛左方の楽奏楽立楽残り楽インスト八多良拍子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

管弦の関連情報