コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三船 さんせん

大辞林 第三版の解説

さんせん【三船】

漢詩・和歌・管弦の三つの船。中古、公卿などの宴遊にこの三つの船を仕立て、それぞれの得意な者が乗った。三舟。みつのふね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三船の関連キーワード和歌山県紀の川市桃山町神田男はつらいよ 知床慕情日本海大海戦 海ゆかば日本のいちばん長い日悪い奴ほどよく眠る女ごころ誰か知る座頭市と用心棒柳生一族の陰謀生きものの記録石中先生行状記隠し砦の三悪人唐大和上東征伝青空のゆくえ赤ひげ診療譚静かなる決闘暗黒街の顔役決闘鍵屋の辻三船 幸子銀嶺の果て人間の証明

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三船の関連情報