三譲の表(読み)さんじょうのひょう

精選版 日本国語大辞典の解説

さんじょう【三譲】 の 表(ひょう)

平安時代以後、新任の摂政・関白・大臣が、慣例として三度にわたって、その官を辞退する旨を書いて天皇にさしだした文書。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる