コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三度 サンド

デジタル大辞泉の解説

さん‐ど【三度】

[名]
3回。みたび。「三度の飯」
三度飛脚」の略。
三度笠」の略。
[接尾]名詞に付いて意味を強める。
「途中―で出逢うても」〈伎・太鼓音智勇三略

み‐たび【三度】

3回。さんど。「三度試みる」
何度も。たびたび。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんど【三度】

[1] ( 名 )
みたび。三回。 「 -の食事」
〘音〙 音程の一。短三度、長三度、短三度より半音狭い減三度、長三度より半音広い増三度がある。
「三度飛脚」の略。 「そちが商売は-でないか/浄瑠璃・冥途の飛脚
( 接尾 )
名詞に付いて、意味を強める。 「縄でもくびれ込んで間違ひ-のある時は/歌舞伎・加賀鳶」

みたび【三度】

三回。さんど。 「 -挑戦する」
数の多いことをいう。幾度も。何度も。 「 -己を省みる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三度の関連キーワードバッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻/piano soloスリーノックダウン制地蔵の顔も三度五度入り三辞三譲三令五申膝行三度一字三礼一刀三礼七度入り二度三度三大師減音程三度豆三度栗両三度三礼師宿替え良医地蔵

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三度の関連情報