コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上げ劣り アゲオトリ

デジタル大辞泉の解説

あげ‐おとり【上げ劣り】

元服して髪を上げて結ったとき、顔かたちが以前に比べて見劣りすること。⇔上げ優(まさ)り
「きびはなるほどは、―やと、疑はしく思(おぼ)されつるを」〈桐壺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あげおとり【上げ劣り】

元服して髪を上げたとき、顔かたちが以前より見劣りすること。 ↔ 上げまさり 「 -やと、疑はしくおぼされつるを/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上げ劣りの言及

【元服】より

…服装も闕腋(けつてき)の袍(ほう)から縫腋(ほうえき)の袍に着替えるので容姿が一変する。そのため以前よりも見ばえがすることを意味する〈上げ優(まさ)り〉,その反対の〈上げ劣(おと)り〉〈元服劣り〉などという語まで生まれた。 天皇元服の場合は加冠,理髪,能冠の三役がある。…

※「上げ劣り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上げ劣りの関連キーワード上げ優り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android