コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下げ下地 サゲシタジ

デジタル大辞泉の解説

さげ‐したじ〔‐したヂ〕【下げ下地】

江戸時代、女性の髪の結い方の一。鬢(びん)を膨らませ、(たぼ)を左右に分けてまげを輪に作り、余りの髪を(こうがい)に巻きつけるもの。笄を抜くと下げ髪になる。大名の奥方姫君などが結った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さげしたじ【下げ下地】

女性の髪の結い方の一。鬢びんをふくらませ、髱たぼを左右に割り、髷まげを大きな輪に作る。江戸時代、大名の奥方・姫君などの間で行われたもので、髻もとどりの笄こうがいを抜くと、下げ髪になるのでいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下げ下地の関連キーワード江戸時代夢想流

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android