コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下げ下地(読み)サゲシタジ

デジタル大辞泉の解説

さげ‐したじ〔‐したヂ〕【下げ下地】

江戸時代、女性の髪の結い方の一。鬢(びん)を膨らませ、(たぼ)を左右に分けてまげを輪に作り、余りの髪を(こうがい)に巻きつけるもの。笄を抜くと下げ髪になる。大名の奥方姫君などが結った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さげしたじ【下げ下地】

女性の髪の結い方の一。鬢びんをふくらませ、髱たぼを左右に割り、髷まげを大きな輪に作る。江戸時代、大名の奥方・姫君などの間で行われたもので、髻もとどりの笄こうがいを抜くと、下げ髪になるのでいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android