姫君(読み)ヒメギミ

デジタル大辞泉の解説

ひめ‐ぎみ【姫君】

貴人の娘を敬っていう語。
貴人の、年上のほうの娘を敬っていう語。
「―はらうらうじく…。若君はおほどかに」〈橋姫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひめ‐ぎみ【姫君】

〘名〙
貴人のむすめを敬っていう語。姫御寮。
※多武峰少将物語(10C中)「かの桃園のひめきみ」
② 貴人の長女を敬っていう語。多く妹と対照的にいう場合に用いる。
※源氏(1001‐14頃)橋姫「ひめ君はらうらうしく、深く重りかに見え給ふ。わか君はおほどかにらうたげなるさまして」
③ 江戸時代、将軍の娘で、大名に嫁いだものの称。
※東職紀聞‐二(古事類苑・官位六三)「姫君方御用人 布衣

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姫君の関連情報