下村 定(読み)シモムラ サダム

20世紀日本人名事典の解説

下村 定
シモムラ サダム

大正・昭和期の陸軍大将,政治家 陸相;参院議員。



生年
明治20(1887)年9月23日

没年
昭和43(1968)年3月25日

出生地
高知県

学歴〔年〕
陸士(第20期)〔明治41年5月〕卒,陸大〔大正5年11月〕卒

経歴
野砲第14連隊付、参謀本部員、大正8年フランス駐在(フランス陸大卒)、昭和4年ジュネーブ軍縮会議委員、参謀本部作戦課を経て野戦重砲第7連隊大隊長。満州事変後、東軍参謀。11年少将、参本第4部長、参本第1部長。16年陸大校長、17年第13軍司令官、19年西部軍司令官から北支方面軍司令官。20年5月大将、同年8〜11月東久邇・幣原内閣陸軍大臣として陸軍解体に当たった。34年参院議員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

下村 定
シモムラ サダム


肩書
陸相,参院議員

生年月日
明治20年9月23日

出生地
高知県

学歴
陸士(第20期)〔明治41年5月〕卒 陸大〔大正5年11月〕卒

経歴
野砲第14連隊付、参謀本部員、大正8年フランス駐在(フランス陸大卒)、昭和4年ジュネーブ軍縮会議委員、参謀本部作戦課を経て野戦重砲第7連隊大隊長。満州事変後、関東軍参謀。11年少将、参本第4部長、参本第1部長。16年陸大校長、17年第13軍司令官、19年西部軍司令官から北支方面軍司令官。20年5月大将、同年8〜11月東久邇・幣原内閣の陸軍大臣として陸軍解体に当たった。34年参院議員。

没年月日
昭和43年3月25日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

下村 定 (しもむら さだむ)

生年月日:1887年9月23日
大正時代;昭和時代の陸軍軍人;政治家。陸軍大将
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android