コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下河辺拾水 しもこうべ しゅうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下河辺拾水 しもこうべ-しゅうすい

?-1798* 江戸時代中期-後期の浮世絵師。
京都の人。画風は西川祐信(すけのぶ)にちかく,安永4年(1775)刊「伊呂波(いろは)歌」,8年刊「絵本満都鑑(まつかがみ)」など,絵本や絵入り教訓本の絵をえがく。当代風俗をうつした細見,地誌,滑稽(こっけい)本の挿絵を多数手がけた。寛政9年12月30日死去。名は行耿。別号に紙川軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下河辺拾水の関連キーワードヘルウェティア共和国ゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議アイルランド反乱アイルランド問題コールリッジ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android