コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不活化 フカツカ

デジタル大辞泉の解説

ふかつ‐か〔フクワツクワ〕【不活化】

本来の働きを失わせる作用。特に、ウイルスなどの感染力や毒性を失わせることについていう。「不活化ワクチン」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふかつか【不活化】

( 名 ) スル
本来の働きを失わせること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

不活化の関連キーワードルリア(Salvador Edward Luria)U.S. フォン・オイラーBSE(牛海綿状脳症)予防接種(ワクチン)塩化ベンザルコニウムB型肝炎新ワクチンポリオの予防接種狂犬病(恐水病)パスツール研究所クヌートセン仮説ヘルペスワクチン汎白血球減少症温度感受性変異不活化ワクチンアルドステロンポリオワクチン多剤耐性遺伝子死菌ワクチンHAワクチン定期予防接種

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不活化の関連情報