コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒性 ドクショウ

5件 の用語解説(毒性の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どく‐しょう〔‐シヤウ〕【毒性】

[名・形動](主に関西地方で)意地の悪いこと。また、そのさま。
「お時さんのお父つぁんも、―な人や」〈上司・父の婚礼〉

どく‐せい【毒性】

有毒の性質。また、その度合い。「毒性の強い薬品」「毒性を弱める」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どくしょう【毒性】

(名・形動) 〔近世上方語〕 意地の悪いこと。とげとげしいこと。また、そのさま。 「あいた、〱。あ、-なお方なあ/滑稽本・浮世風呂 2

どくせい【毒性】

有毒な性質。毒になる成分。毒質。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毒性
どくせい

生体に曝露(ばくろ)されたさまざまな物質や物理的要因(電離放射線、電磁波など)が、ヒトや動物に病的な症状や生体にとって有害な変化を引き起こす場合、これを毒性という。
 毒性は、天然物(かび毒、フグ毒、ヘビ毒など)であるか人工物(医薬品、農薬、重金属、環境汚染物質など)であるかを問わず、生物が意図的または非意図的に摂取したり曝露されたりする可能性のあるあらゆる物質がもつ潜在的な性質であり、通常は物質または要因ごとに固有のある一定量(閾値(いきち)とよばれる)を超えて曝露が起こった場合にのみ発現し、それ以下の量ではその発現が認められない。われわれが日常的に摂取する調味料(食塩、しょうゆ、トウガラシなど)、飲料(コーヒーに含まれるカフェイン、酒に含まれるアルコールなど)、サプリメント(ビタミンA、イソフラボンなど)なども、過剰に摂取すればそれぞれ特有の毒性を発現し、場合によっては死に至る。
 さまざまな毒性は、生体に現れる影響の表現型に基づいて、神経毒性、遺伝毒性、繁殖毒性(生殖毒性)、発生毒性、免疫毒性、発癌(はつがん)性などに分類されることがある。また、毒性学の分野では、曝露期間を基準にして、急性毒性、亜急性毒性、慢性毒性のように分類することもある。[青山博昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の毒性の言及

【毒】より

…なお,すべての毒を網羅する統一的な分類はないが,おもな分類のしかたを表に掲げる。
[毒性toxicity]
 有害作用に関する物質の特性を毒性といい,〈この物質には強い毒性がある〉とか〈毒性がない〉などと表現される。毒物は毒性がきわめて強い物質といえる。…

※「毒性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

毒性の関連キーワードいけずぐつけったいしょにん千度どないおちょく・るそがい底意地が悪い無様

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毒性の関連情報