コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界の光

1件 の用語解説(世界の光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

世界の光

イギリスの画家ウィリアム・ホルマン・ハントの絵画(1851-53)。原題《The Light of the World》。『世の光』、『世界のともしび』とも呼ばれるラファエル前派を結成したハントによる最も有名な宗教画として知られる。オックスフォード、キーブルカレッジ所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の光の関連キーワードウィリアム・テルウィリアムテルウィリアムMサッカレークランウィリアム世の光ウィリアム[1世]ウィリアム[3世]ヴォーン・ウィリアムズウィリアムソン反応ボーン・ウィリアムズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界の光の関連情報