コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界の光

デジタル大辞泉プラスの解説

世界の光

イギリスの画家ウィリアム・ホルマン・ハントの絵画(1851-53)。原題《The Light of the World》。『世の光』、『世界のともしび』とも呼ばれる。ラファエル前派を結成したハントによる最も有名な宗教画として知られる。オックスフォード、キーブルカレッジ所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界の光の関連キーワードヌール・ジャハーン小林奈々絵ラクスネスヘイムダル谷 邦夫谷邦夫

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世界の光の関連情報