宗教画(読み)シュウキョウガ

大辞林 第三版の解説

しゅうきょうが【宗教画】

宗教的実践の一環として描かれた、宗教上の出来事・伝説・人物などを題材とする絵画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうきょう‐が シュウケウグヮ【宗教画】

〘名〙 宗教上の事跡、伝説、人物などを題材とした絵画。宗教に関する絵。
※破戒(1906)〈島崎藤村〉一五「普通の寺によくある斯の宗教画は大抵模倣(うつし)の模倣で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宗教画の言及

【バロック美術】より

…まず,プロテスタントは教会に聖像を置くことを禁じ,聖母,聖人の崇拝をも含むカトリックの教義の多くを否定し,人文主義のもたらした道徳的態度を糾弾した。この結果,プロテスタント諸国では,非宗教画,すなわち世俗的主題が黄金時代を迎え,他方では,公式的ドグマから分離した内面的,近代的信仰画の図像が形成されることとなった。一方,この粛清(しゆくせい)はカトリック側の芸術にも深刻で永続的な影響を与えた。…

※「宗教画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗教画の関連情報